« 2006年01月 | メイン | 2006年03月 »

2006年02月27日

自転車は車か?服か?

自転車製造メーカーでブランドを構築したメーカーは、自社の商品戦略を車に例える事が多い、マウンテンは4WDで次のSUVはクロスバイクで、国際ブランドになるにはF1でこれがツールに例えている。事実、多くの自転車雑誌も販売店も乗り手も、ツールで走っていないのは一流ではないと洗脳されている感じもある、乗り手は全部レーサーの体力有るの?
中国製のノーブランド自転車は一体、何種類あるのだろう、今は買手の要望ですぐに作ってくれる。メールで仕様を決め、デザインデーター送れば、部品があればすぐサンプルができる。まるで服を作っているようだ定番のポロシャツの色デザイン変更と同じような感じで、毎回の生産事に変更している。
フレームビルダーも町のテーラー(仕立屋)ぐらいの感じで、あまりメーカー思考が強くないほうが、本来だと思う、アメリカの最近出のメーカーも拡大路線で変になっているやつばかり、BMXでビックブランドになったメーカーは全て量販納入メーカーに身売り、アメリカBIG4も台湾の工場に買われたりしている。
やはりテーラー程度の規模の時が、個性が有ったので、自転車は服だとと思う。

2006年02月21日

何故フレームビルド

ここ20年の日本の自転車業界で自転車製造をして大きくなって会社はない、部品では唯一シマノさんが成功しているだけで、最悪なのはフレームの製造業者であろう、特に量産のフレーム製造メーカーは滅亡寸前の状況だ。
理由はご存知の通り、海外からの輸入品との価格差に負けたからだ。
でも、国内の一部の超高級趣味のオーダーメーカーは健在だし、貧乏だががんばっている。
 アメリカでも高級車の生産は続いている、当然ヨーロッパでも生産しているし、規模も日本の工房より大きいし、国内の需要を基本にして成り立っている。
乗り物の発祥地ヨーロッパ。マウンテン、BMXを創造したアメリカ、それで日本は何?
鉄砲伝来からコピーは上手い、明治維新から海外崇拝、だけ
以前勤務した、国際企業巨大でグローバルモデル商品企画会議はいつも感じること、海外ブレンド崇拝だからヨーロッパ・アメリカの企画商品を売れば良いだけなの、コピーしかしてない物作りの国で世界に通用する独自の考えは無いのか!シマノの部品では有るが、完成車のトレンドには日本発は無から、日本製の需要はない、だから日本製は不要なの。
でも、走るって作り続ければきっと何か独自の物になる、自転車は車より服に一番近い物だと思うから、機能と価格だけが全てじゃないと信じている、でも作らないと発信出来ないから、作らないと評論だけで最後は相手にされないから。