« 輪行車 PR-7 | メイン | 分割ハンドル »

PR-7のヘッド

ahedb のコピー.jpg
ヘッドセットはカンパのA-HEADセットだが、トップキャップ&アンカーは使用せず、コラムの上部1cm程度ネジを残し、ローレット切ったキャップをトップキャップの代わりの使用している。
アンカーが不要になっているので、コラムの中にパイプ状の小物入れを入れてある。
ローレットのキャップはダニエル・ルブールのイラストの中に良く出てくる、お隣のTOEIの60年代ロードに見事にイラストの世界が再現されている、このタイプの中にウスが有る物でも引き上げ棒を短くして小物の入るスペースを確保している物もある。
 又、スレッドのヘッド小物でありながら、ステムはウスを使用せずA-HEDステムを同じクランプ固定にしてローレット切ったキャップの中にパイプ状の小物入があるイラストも有って、古くから軽量化とパイプの中の有効活用のためのアイデアは多く有ったと推測できる。

しかし、A-HEADが一般化したのに係わらず、スレッドレスと言われコラムのネジが無視され、コラム内部のスペースの有効活用は今だになされていなかった。パイプ内部の有効収納は片倉シルクの後輩で世界一周サイクリストの鈴木氏が得意とする方法だ。

実際に作って、組み付けて見ると、ローレット部の外形は40MM程度ないとヘッドの調整が出来ない、小さい方が見た目は良いがヤハリ機能が優先、過去のコーピーではなく、過去と現在を知り新しい物を作るのが本来の在り方と思う。

元々はこの小物入れではなく、電池を入れて、キャップの上にはスイッチを付け、フロントキャリアに小型LEDライトを装着も検討したが、輪行状態にする時にフロントホークを裏返すので、今回これは無しになりました。