« PR-7のリヤキャリア | メイン | チネリ 鉄ステム 再生 »

ブレーキ周り PR-7

brakepr7.jpg
PR-7はオリタタミ時にBB部のメインピボットを中心に、回転してフロントホークに後輪が入り込むの、ワイヤー類はメインピボットの部分を通過させ、ワイヤー類は一切外す事無く畳める。
変速ワイヤーはBBを通過するのは普通なので問題ないが、後ろブレーキのワイヤーはBBから回すので泥除けに添っている2本のパイプに内装して、ブレーキの直ぐ上から出る、ガイドパイプの流れを良くするためアウター受けを延長する小物を追加した。
ドロップレーバーにVブレーキはレバー比が違うので、急制動する、今回は幅を狭くできるVを採用した。ミニV85mmなら制動は少しは改善するが、70mm以下のミニVが有れば、レバー比も同じになり良いのだが、
どこか作って。