« チネリステムメッキ上がり | メイン | カーボンの塗装 »

カーボンの塗装

c4d のコピー.jpg
80年代の初期 カーボンモノコック C4の塗り替え。
当時のカーボンの少量生産品は加圧も十分でなく表面は平滑ではない、表面の塗装を落とすと一緒にパテも取れ、再塗装の場合はパテ盛をして表面調整をする。
この作業は中々大変でパテを付けては削り、下塗りをして確認、そして又削りの作業を繰り返す。