« 初代 MR-4の輪行ヘッド | メイン | フレームの錆 »

ハンドルの幅詰め

バーつめ.jpg

ハンドルのクランプ部を切断して、320mm幅に改造
バルジ(中央の太い部分)を6CMつめてナカゴを入れて溶接し外形を仕上げた状態
昔は子供用のハンドルも入手が簡単だったが今は大変、ドロップも小さく、リーチの小さい子供に適した曲がりでも幅は400からが多いので詰めるしかない。