« ハンドルの幅詰め | メイン | ショットピーニング »

フレームの錆

フレーム錆パテ.jpg
昨年の6月28日のコメントを参照していただくと、錆の進行したフレームの状態が判る、酸洗して、防錆皮膜を付けて、サフェサーを塗っても、錆の食われが有ると、パテで当る(小さい部分のパテ盛)そして研磨して又サフェサーを塗り仕上げて行く。

コメント

はは〜。
よーく解りました。
レストアって大変っす。
ケルビムの初期モデルをレストアした事がありますが、やはりかなり傷んでました。その時は、上村塗装さんにお願いしたのですが、こんなに手間がかかるとは思いませんでした。
根気のいる作業ですよね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)