« 旧車のBB | メイン | 輪行車PR-10の2重ヘッド機構 構造 »

旧車解説 輪行車PR-10の2重ヘッド機構

2重ヘッド.jpg
マウンテンバイクのオーバーサイズが開発される30年も前にオーバーサイズのヘッド小物が有った、PR-10の2重ヘッドだ、インチ サイズ コラムのホークをインチ一分のアウターコラムにネジ止めする、2重構造ステム引き上げ棒でインチコラムとステムを固定、アウターコラムはヘッド小物上のクイックレーバーで固定する構造。

ヘッド小物にクイックレーバーの有ったALPSさんもクイックエースはステムの固定がクイックレーバーで有った、PR-10の2重ヘッドはヘッド小物のベアリングを分解せずにホークを抜く考案として考えられて物でネジとテーパー、ステムでこのネジを固定する安全、確実な方法だが、その後の輪行ヘッド小物での分解と混同して使用方法が判らない方が多くなっていった。

コメント

こんばんは、シルキャンです。
PR-10の2重ヘッドはヘッドパーツのガタが無さそうでいいなあ、何故やめたのかと思っていたのですが、
他と混同してしまうという問題があったのですねえ。先進が必ずしも受け入れられないと言う事かな?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)