« 旧車解説 輪行車PR-10の2重ヘッド機構 | メイン | 輪行車PR-10の2重ヘッド機構 良くあるトラブル »

輪行車PR-10の2重ヘッド機構 構造

IMG_2654 のコピー.jpg
簡単に言えば、2重ヘッドと言うより、2重コラムの方が分かり易いかも、
上下ワンはオーバーサイズ。
φ28.6の外側コラムの上玉押しはφ24.5の普通の径にするため段付きになっている
この中にホークが入る、固定用ネジ通常のインチ24山は内側に切ってある。
ホークは普通のホークに見えるが下玉押しは2度のテーパーが付いている。

コメント

ほほー!
こんな風になってるんですね!
ホークの脱着は、手で閉めるだけで良いのですか?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)