« 輪行車PR-10の2重ヘッド機構 構造 | メイン | 初代 MR-4の輪行ヘッド »

輪行車PR-10の2重ヘッド機構 良くあるトラブル

2重ヘッドtorab.jpg
この機能での問題点は使用方法が分からない、又は輪行しないなどの理由により、2重ヘッドが利用されずに、2重コラムが固着してしまう事だ。
通常の完成状態では、ステムの引き上げ棒、ヘッドのクイックを緩め、ハンドルが自由に回る事を確認してから、ヘッドのクイックをしめて、ハンドルがこれで固定されたら左に回すと、内側のホークのネジがゆるんでヘッド小物をバラス事無くホークが抜ける。
固着した物は、ヘッド小物から外して、外側のホークコラムを万力で押さえ、ホークを左に回して、内側のネジを緩めて外す。

コメント

ほほー!
使い方が分からないっていうのは、ありますね。やっと使い方がわかりました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)