« パイプ差し替え2 | メイン | ナベプロ ラグの弱点 »

パイプ差し替え

maru1.jpg
下パイプ差し替え修理、前と後、再塗装して、ほぼ元通り。
この自転車は剥離してよく見れば、量産メーカー車としてはかなり手が掛けてある、ナベックスのヘッドラグのリングの部分も厚さ揃えてある、また、リヤエンドもシマノSFエンドにダボが追加してある。
この様な国産量産スポーツ車はもう二度と生産されないだろう。

コメント

うちの近所の自転車屋さんは、BSよりも丸石の方が仕上げも手の入れ方も上だと言って勧めてました。
ただ、今は昔だそうですが。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)