« パイプ差し替え | メイン | PR-10はなぜ変わった »

ナベプロ ラグの弱点

navseat.jpg
今回の修理車はナベックス プロフェショナルのラグで作られていました、使用期間は短いのでシートピンの取り付け部に問題はないが、長期間の使用でこの部分がつぶれシートピンの頭が入りこんでしまう事が多く見られる。プレス加工でこれだけの形状を作るためには、材料は柔らかいためであろうか?お客さまから依頼されていないが、ローで埋めて補強を行う、塗り替え時でないとこの加工はできませんので、一緒に行いました。

コメント

私も、ナベラグでフレームを作る時に、そのシートピン部分が気になりました。錆がたまりそうな構造をしていたし。結局ロストワックス製のシートピン台座に付け替えてもらいました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)