« カッテイングマシン | メイン | 中古ピストフレームにご注意 »

塗装例ピスト

ohana.JPG
最近は競輪用フレームの塗装依頼も多い、このフレームも持ち込まれ時は、上パイプに穴を開けてブレーキワイヤーを通してあった、アルミフレームの肉厚がある物なら良いのであろうが、クロモリの1mm以下では割れる可能性がある、そこで補強板を付けてからの塗装になる、ご自身での加工は十分に検討してから実施してほしい